スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出会い

ありこさんが出会ったときのことを書いてるので、私の視点のお話を少し。

2011年の五月。
一回目の一時帰宅で、猫を二匹保護したものの、残る一匹。
母の愛猫ボンちゃんを保護できなかった私は、深く悩んでいました。

当時は二次避難施設の裏磐梯にいて、自宅のある浪江町までは車で3時間ほどの道のり。
警戒区域に設定されて、自由に入ることもままならず・・・
私は車の免許も持っていない。

NEC_0001_20170304223014fbc.jpg
あちこちに設置されたバリケードのせいで、自宅へ近づくこともできません。

そんなときに、警戒区域になった圏内で猫を保護している人がいるという話を聞いたのです。
中に入っているという団体や個人は何か所かあって、当時、連絡先の分かるところには連絡を入れたり保護の依頼をしていました。

そんなある日、福井県にあるねこさま王国という団体が圏内に入るという話を聞きました。
連絡先の電話番号を教えてもらって・・・

事前に調べた、ねこさま王国のHPには「家猫5匹保護猫その時たくさん。にゃんこにまみれた幸せな?猫の王国の召使です・・・。」と書いてあって・・・

・・・・本当にこの人が、福井県から福島まで来て、猫を保護してくれるのだろうか?と不安になった。
だまされてるんじゃなかろうか?と思ったりもした。

変な人でもいい。猫を助けてくれるなら・・・と、意を決して電話をかけました。

電話口に出たのは、やさし気な語り口調の女性で・・・
私の携帯の通話料のことを気にして、すぐに折り返して電話をかけなおしてくれた。

何を話したのかよく覚えてないけど・・・
うちの猫がまだ一匹保護できないんです、助けてくださいとお願いしたと思う。
そしたら、中山さんは・・・
「一緒に行きませんか?」と言ったのです。

それまでに電話したいろんな団体は、そんなことを言う人はいなかったので、とても驚きました。
猫が助かるなら・・・
私が行っても迷惑にならないなら・・・

そんなわけで・・・自宅のある浪江町にたどり着いた私。
(そこまでの行き方は、森さんの本でご覧ください)

ありこさんはまだ到着していなかった。
自宅で捕獲機の使い方のレクチャーを受け・・・
猫を探して、たださまよっていると・・・

しばらくして、ありこさんがやってきた。
車から降りてきたありこさんは・・・

たくさんの荷物を手に持っていて・・・
「はい、バーベキューセット。」
「はい、魚」
「はい、ウインナー」
「はい、ソース焼きそば」
「はい、柿の葉寿司と焼き鯖寿司(人間用)」

山のように、いろんなものをくれて、これで匂いを出して、猫を寄せ集めてくださいと言っていたような・・・

「じゃ、頑張って!何かあったら、連絡してくださいね」
と去っていった。
対面時間はたぶん、30分に満たなかったと思う。

一人、取り残された私は・・・
勝手知ったる我が家で、バーベキューをするという任務を遂行するべく動き出しました。

NEC_0080_20170304223025a33.jpg

困ったのは、火を付ける道具がなかったことでした。
震災当日、停電で真っ暗だったので、ライターなどを使ってろうそくを使ったことは覚えている。
その後、何かあったらということでライターは、父がもって避難していた。

自宅にあったのは、仏壇のしけったマッチ数本。


着火剤はなく、炭に火を起こさなければいけない。
最初の一本は、着火剤代わりにしようと思った新聞に火を付けたとたんに消えてしまって・・・
炭までには火が届かず・・・

地味にピンチだった。

残りのマッチは真剣に頑張らないと、サバイバル並みに木材をこすり合わせて火を付ける羽目になる。
・・・屋内にあった新聞や雑誌を総動員して・・・
ようやく炭に火は起きました。

見たことのない形の魚に、『この魚はいったい何だろう…???』と思いながら、
焼き始めると、今度は別の問題が発生しました。

頭上をトンビが飛び始めたのです。
カラスもギャーギャーと鳴いています。
魚の焼ける匂いで集まってきたのでしょう・・・

煙ももくもくと出始めました。

『このままじゃ・・・猫が来る前に警察が来てしまう・・・・』
と焦っていたその時でした。

裏庭の方から、ボンちゃんの声がしたのです。

NEC_0066.jpg
追いかけると逃げてしまう、ボンちゃんを追って・・・
裏庭に向かう私。

バーベキューのことはすっかり頭にありませんでした。

ボンちゃんを無事に確保するまでにかかった時間は5分くらい。
最初はシャーとか怒っていたボンちゃんでしたが、捕獲して、二階の私の部屋に閉じ込めると、今までに見たことがないくらいに痩せていました。

NEC_0065_2017030422302128b.jpg
(のちに、どこが痩せたの?と聞かれましたが)

ボンちゃんを確保したことで、安心して・・・
火が付きっぱなしだった、バーベキューセットのところに行ってみると・・・

網の上は空になっていました。
倒されることもなく、きれいに空になった魚とウインナー。
あの当時飢えていた、犬か鳥か・・・だれかのお腹をいっぱいにする役には立ったみたいです。

ボンちゃんを保護したことを連絡すると、ありこさんはとても喜んでくれて・・・
私もうれしくて・・・・
泣いた。

NEC_0060_201703042230170a9.jpg

翌日、迎えに来てくれたレスキュー班が保護したツナミ君。

NEC_0064_2017030422302002b.jpg
捕獲機を使うこともなく、ケージの中にご飯を入れると、素直に入ってくれました。
NEC_0063_20170304223019aa4.jpg


時が経って、振り返ってみると、笑い話になってしまうのだけど・・・
あの当時、本当に必死でした。
あの時、ありこさんに電話して良かった。

そうしなかったら、ボンちゃんは助かっていなかったかもしれません。
出会えてよかった。

本当にそう思います。





スポンサーサイト

コメント

こんにちは。

森さんのご著書は読んでますが、
バーベキュー作戦にはビックリです。
確かに…匂いは効果絶大ですね!
ありこさんのアイデアは凄い!
そして、残り少ないマッチで火をつける緊張感!
深呼吸して〜リラックスして〜
炭に火をつけたことないですが、着火剤がいるとききますものね。
成功して良かった!

それにしても、
普段は病気にならないよう、太り過ぎに注意してますが
いざ病気になったりすると、あっと言う間に痩せてしまうんですよねー(><)
太っているほうが安心なような気がしてしまう。
うちのかかりつけ医は肥満に厳しく、
理想体重を0.3kgオーバーしてもダイエットを厳命され
ネットで安く売ってるからダイエット用療法食に変えなさい!と言われてしまうのですが。

Re: タイトルなし

> ミドリさん
はなちゃん、ちっとも太ってないのに…
ボンちゃんは保護された当時で4キロ。
平常時で5キロ、現在6・4kgのおデブさんです。・・・・
もう、年だし、つらい経験もしたから、食べ物は好きなものを楽しんでもらっています。
人間みたいに、不摂生の末の病気が出る猫は聞いたことがありません。

考えはそれぞれかな~と思います。

非常用持ち出し袋には、ぜひライターを入れておいてくださいね~!!
Secret

プロフィール

ボンママ

Author:ボンママ
ねこだいすき。
なぜか飼っているのは犬。
石とか貝とか植物もすき。
海外ドラマ好き。

※当ブログはリンクフリーです※

お問い合わせは、
inunoossann.
nekodaisuki
@gmail.comまで。

管理人に物申す
猫へのお問い合わせ
もうちょっと知りたいそこんとこ。
などなど・・・
お気軽にどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
南相馬にゃんこはうす

にゃんこはうす
南相馬市にある被災猫シェルターです。 福島県原発被災地の猫のレスキュー、家族さがし、里親募集をしています。 多くの方に支えられて、活動を続けています。

にゃんこはうすで、今必要としているものは、Amazon.JAPANのたすけあおうNIPPON 東日本大震災のページに掲載して頂いております

レスキューの欲しいものリスト

にゃんこはうす保護っこの欲しいものリスト

からご支援いただけます.


お気に入りリンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。