野良猫の称号。

あれは・・・忘れもしない11月13日のこと。
夕飯に自分で作った煮物を食べました。

譲渡会の帰りに、業務用スーパーで買ってきた豚バラ肉と、大根と人参をくつくつ煮込んで作った。
美味しい煮物でした。
豚バラ肉が、いい感じに煮込まれて、口の中でほろっととろけるような出来上がり。
自分でいうのもなんですが、本当においしかったんです。

箸が進んで、いつもより食べすぎちゃったな~と思っていたのですが、
甘い煮物(野菜の甘さです)を食べたので、ちょっと辛いものも欲しくなって、冷蔵庫にあったチャンジャをお箸で一つまみ食べました。

むー
(今回、画像は関係ないです。かわいい猫をお楽しみください)

夜も更けて・・・
いつも通り、おっさん犬と猫たちと眠りについた私を、恐ろしい出来事が待っていました。

それは、深夜二時。
いつもならぐっすり寝ている時刻。
突然の吐き気に襲われ、飛び起きました。

トイレに駆け込んでも、何も吐けず・・・
苦い水のような唾液がだらだらとで出るだけでした。
『珍しいな…気持ち悪くなるなんて。食べすぎた?』
と、このときは思いました。

でも、眠かったので特に気に病むこともなく再度眠りにつき、また吐き気で目が覚める。
朝までそれを繰り返しました。

あられ
朝になって、ちっとも眠れなかったなぁ・・・と思いながら、起床して、いつも通り猫の世話を始めると、
時々弱い吐き気と、にぶいお腹の痛みがありました。

でも、この日は予定が詰まっていたので・・・
対して、気にもせず動いていました。
午前中に猫の世話を終えて、午前の診察に猫二匹を連れて出かけました。

むかごのワクチンと、りんたろうのおでこの炎症を見てもらいたかったのです。
かかりつけの動物病院までは車で20分くらい。
運転している途中に、また、吐き気に襲われました。

口の中にたまる苦い水が不快で、犬のうんちように常備してあるナイロン袋を抱えて・・・
車を走らせました。

ちょん太郎
(ちょん太郎かわいいね~)

動物病院で診察を終えて、車に積んであった段ボールを捨てに行きました。
ついでに、買いたい本があったので、本屋さんへ。
購入したい本を手にレジに並んだとたん、また、猛烈な吐き気が・・・

きっとレジのお姉さんは不審に思ったことでしょう。
青い顔で、一言も発せず会計を済ませて、トイレに駆け込んだ客のことを。

この頃になると、みぞおちのあたりからお腹全体にかけて、ぎゅーっと絞られるような痛みが時々起きるようになっていました。
『なんだろう?これ、ただの食あたりじゃなさそう』
さすがに心配になってきましたが、午後も動物病院の予定があって、その他にも予定があったので・・・

『明日まで変だったら病院に行こう』と思っていました。

そして、自宅に帰ると、吐き気の波はちょっと引いていたので、
もしかすると、お腹すいて気持ち悪いのかな?と少しだけご飯を食べました。
(今にして思うと、そんなわけない、早く病院行けって感じです)

昨夜、ほとんど眠っていないのと、体がつらいので・・・
動物病院が始まる時間を待つ間、少し仮眠して・・・
と、思ったら、やはり吐き気で眠れず・・・

みさと
(みさとはカメムシを狙っています)

動物病院の午後の診察に行ったときは、
『獣医さんに相談してみようか?いや、さすがにダメだろ…』
と、おかしな葛藤をしていました。

数日おきに通院している春菜さんの治療を終えて、帰る道すがらで
ねこさま王国のメンバーさんのてるりんさん宅に行きました。
てるりんさんちの猫ちゃんが退院してきたと聞いていたので、どうしても様子を見に行きたかったのです。

GDSC00539.jpg
てるりんさんちの猫の具合が思ったよりも良くて、安心して帰る途中・・・
お腹の痛みはますます、ひどくなっていました。

運転しているのがやっと・・・という状態になって・・・
帰宅した時にはもう、ほとんど動けませんでした。

でも、そのお腹の痛みには波があったのです。
『陣痛ってこんな感じ?』
痛みと痛みの間の痛くない時間に、猫たちに夜の薬を飲ませて、おやつをやって・・・
そこまでで力尽きました。
倒れるように猫ベッド(笑)に顔をうずめてうなる私に、犬が心配そうな顔で体を寄せてきます。

「ありこさん、助けて・・・もう運転できない。」と電話をかけたのでした。
福島から帰宅したばかりで疲れているはずのありこさんは、高速に乗って駆け付けてくれて・・・
すぐに、夜間救急に連れて行ってくれました。

(長くなったので、続きは追記で)




大学病院の救急医療センター、通称ERは、この夜、平穏で・・・
受付を済ませて、しばらくすると若い担当の先生が私を診察してくれました。

この頃には、とにかく絶え間ない痛みに襲われていた私。
お腹の痛みであまり動けなくなっていました。

とりあえず、痛みを止める座薬を入れてもらい、採血をして、点滴をして・・・
取り急ぎ、CTをとることになりました。

CTの検査前の診察で、
「妊娠の可能性は?」
「ありません」
「本当に妊娠してないですか?」
「絶対にありえません」と悲しい会話を交わして、検査した後は、点滴をつながれて、
ERのベッドに横になっていました。

結果が出るのはすぐなのに、説明が遅いなぁ・・・と思っていたら、消化器内科の先生が現れました。
(この先生が後の主治医です)
「食事は何を食べましたか?生ものは食べてないですかね~?」と聞く先生。
思い当たらない私。

GDSC00569.jpg
・・・・
あれ、待てよ?
チャンジャって生もの???
あれって、生だっけ???

そう気づいたときは、先生はすでにおらず・・・
ナースコールを押して、伝えるようなことでもないよな~と待つことしばらく。
先生がやってきました。
「小腸がぷりんぷりんに腫れてます」(本当にこう言った)
「原因はわからないので、入院して様子を見ましょう」
とドクター。

なんだか、言い出すのが恥ずかしくて、心なしか小声で切り出す私。
「あの、チャンジャをちょっとだけ食べました」
「チャンジャ?」
「たらの内臓のキムチです」
「ああ、焼き肉でよく出てくる?」

再び、その場を去って、他の医師と相談し始めるドクター。
向こうの方から、その声が聞こえます。
「チャンジャ!?」
「えー、私、チャンジャ好きなのに~」
「それは新しい症例だな・・・・」
「まず、間違いないでしょうね」

なんだか、私のチャンジャのことで、盛り上がっている様子。
そして、病名もほぼ確定したのでした。

アニサキス症
生の魚に含まれる、アニサキスという寄生虫が人間の内臓を痛めつけることによって、激しい腹痛を感じる。
アニサキス自身は、人間の体の中で、生きていくことはできないので、最長4日くらいで自然に死ぬ。が、それまでの間、
アニサキスに寄生された人は地獄の苦しみを味わうのです。

アニサキスはすでに小腸に行っているので、自然に死んで出てくることをまつしかない。
ねこだったら・・・
ねこだったなら・・・
レボリューションで済んだのに・・・(アニサキスは回虫の仲間です)

私にレボリューションを浴びせて頂戴!!!
それか、腹掻っ捌いて、取り出してくれ!!!

と叫びたくなるような激痛です。

GDSC00519.jpg
とにかく、私の8日間の入院生活は激痛で始まったのでした。

その後、いつまでたってもひかない痛みに、再度検査をすると、今度は胃が腫れていると、胃カメラをすることになりました。
腹の激痛、発熱、衰弱している私に、太い胃カメラを飲めという医者。
鬼かと思った。
飲めずに苦しんでいると、麻酔薬が注入されて・・・その後の記憶はありません。
ドルミカムってすごいんだな~
ぐっすり寝て、すっきり目覚めたみたいな感じでした。

結果、ひどい胃潰瘍も併発していることが分かったのでした。
どうして、そんなひどい胃潰瘍ができたのか?
原因がわかりません。

そういえば、濃いウーロン茶を飲むと胃が痛かったり・・・
熱い飲み物を飲むと、胃が痛かったりしてたっけ?
実は胃潰瘍持ちだったのか、私?

その後は、アニサキスのもたらす痛みに耐えつつ、耐えられないときは痛み止めを使い、
胃潰瘍の治療が始まりました。
ひどい激痛がなくなったのは、ちょうど発症から4日くらいのことでした。
でも、胃は痛い。
内臓が動くと、胃も収縮して痛い・・・
GDSC00590.jpg
そんな8日間を過ごして、ようやく、ご飯も食べられるようになり、退院しました。

チャンジャはもう、一生食べません!!!
ここに誓います。

今日は退院後、初めての診察で・・・
アニサキスの抗体検査の結果(アニサキスに対する抗体ができているかどうか)が出ました。
陰性
ピロリ菌の検査も陰性。

結局のところ、ひどい胃潰瘍と、小腸炎という診断で落ち着きそうです。
金曜日にまた胃カメラをして、潰瘍の治り具合の検査と、治ってなかったら生検の予定です。

今度は胃カメラを飲めるのかどうか・・・ちょっと心配です。

GDSC00608.jpg
この一連の入院騒ぎで、お世話になった皆様。
本当にありがとうございました。

ありこさんからは、『腹に虫を飼っている』ということで、『野良猫』の称号をいただきました。
光栄の極みです。
猫、すごいな~、あんな、ものを腹に飼ってて平気だなんて。
尊敬します。

それから、今後アニサキス症にかかる人に忠告です。
動物病院でアニサキス症をカミングアウトするのはやめましょう!
100%笑われるから、悲しくなるよ~




スポンサーサイト

コメント

アニサキスでしたか!

入院なさったと書いてあったので、一体何の病気で?と気になっていました。アニサキスだったとは。
無事に退院なさって何より。どうぞお大事になさって下さい。

Re: アニサキスでしたか!

> 涼風さん
ご心配おかけいたしました。
アニサキスって、なんか、ちょっと恥ずかしくて(笑)
明日は胃潰瘍の再検で胃カメラです。無事に飲めるよう祈っててください。
Secret

プロフィール

ボンママ

Author:ボンママ
ねこだいすき。
なぜか飼っているのは犬。
石とか貝とか植物もすき。
海外ドラマ好き。

※当ブログはリンクフリーです※

お問い合わせは、
inunoossann.
nekodaisuki
@gmail.comまで。

管理人に物申す
猫へのお問い合わせ
もうちょっと知りたいそこんとこ。
などなど・・・
お気軽にどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
南相馬にゃんこはうす

にゃんこはうす
南相馬市にある被災猫シェルターです。 福島県原発被災地の猫のレスキュー、家族さがし、里親募集をしています。 多くの方に支えられて、活動を続けています。

にゃんこはうすで、今必要としているものは、Amazon.JAPANのたすけあおうNIPPON 東日本大震災のページに掲載して頂いております

レスキューの欲しいものリスト

にゃんこはうす保護っこの欲しいものリスト

からご支援いただけます.


お気に入りリンク
QRコード
QR