スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

写真展はじまりました。

写真展
にゃんこはうす写真展始まりました。
本日より、21日月曜日まで。

写真展会場には毎日、スタッフが常駐しております。

普段、山の中のにゃんこはうすに引きこもっているので、世慣れしておりませんが・・・
よろしくお願い申し上げます。




道路
写真展のパネルを作成する上で、今まで撮りためた無数の写真を見直し、パネルにするものを選びました。
この写真は、入っている日付でわかるかもしれませんが現在の様子です。

震災から3年以上が過ぎていますが・・・

道路は震災当時のままのところも多く、通れない場所もたくさんあります。
主要な国道や県道の多くは、修繕されてきれいな道路になっていますが、震災当時はこんな場所が山のようにありました。

あの時・・・
いつも通る道は崩れて、通れませんでした。
海側の道は津波に襲われました。
唯一、山側の道だけは通行可能でしたが、こんなふうに崩れた場所がたくさんあって・・・

特に、橋になっているところや水道管や下水のマンホールがあるところはほとんど通ることができませんでした。

あなたが通勤に使っている道に、橋は何個ありますか?
その場所が通れなかったら、どうやって家に帰りますか?
ある日突然、おきる震災に備えて・・・
避難経路を確認してみてください。




請戸
道端に住民が立てた慰霊碑。

ここは浪江町の請戸地区というところです。
津波の被害が大きくて・・・
港を中心に海沿いに沿って隙間なく建っていた建物は二つを除いて、すべてが流されました。

道端に転がっている漁船。
その向こうに見える煙突は、東京電力福島第一原発5・6号機の排気塔です。
原発からの直線距離は6キロ。

震災の翌日、がれきの山となったこの場所で救助活動が開始されました。
でも、そのあとで起きた原発事故のため、救助活動は中止されました。
まだ、生きている人がいたかもしれないのに・・・
まだ助けられたかもしれないのに・・・

救助活動が再開されたのは1か月以上経ってからでした。


生きている人がいたかもしれなかったのに・・・




探しています
今も、飼い猫を探す人がいます。

あの時、地震におびえて隠れた猫は、見つかりませんでした。
避難所に動物を連れて行くことはできないと、置いていくことを決めた人もいました。

でも、そんな決断をしなければいけないほどに・・・
状況は混乱していました。


これからも震災は起きるかもしれません。
そうなった時に、どうすれば、自分自身も、大切な家族の命も守り、生き延びることができるのか?

いつ起きるかわからない災害に備えていますか?







・・・と、真面目なことを考えると、薄暗いブログになってしまうのですが・・・


会場では、ご提供いただいた素敵な品々の販売も行われています。

福島のこと、すこしでも知っていただけたら嬉しいです。



スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

ボンママ

Author:ボンママ
ねこだいすき。
なぜか飼っているのは犬。
石とか貝とか植物もすき。
海外ドラマ好き。

※当ブログはリンクフリーです※

お問い合わせは、
inunoossann.
nekodaisuki
@gmail.comまで。

管理人に物申す
猫へのお問い合わせ
もうちょっと知りたいそこんとこ。
などなど・・・
お気軽にどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
南相馬にゃんこはうす

にゃんこはうす
南相馬市にある被災猫シェルターです。 福島県原発被災地の猫のレスキュー、家族さがし、里親募集をしています。 多くの方に支えられて、活動を続けています。

にゃんこはうすで、今必要としているものは、Amazon.JAPANのたすけあおうNIPPON 東日本大震災のページに掲載して頂いております

レスキューの欲しいものリスト

にゃんこはうす保護っこの欲しいものリスト

からご支援いただけます.


お気に入りリンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。