スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミントの子供たち

ミントが12月29日に、緊急の帝王切開を受けて出産した子猫たち。
獣医さんの言葉を借りれば、ミントは瀕死の状態でした。

鼻、のどが腫れて、鼻水で息が苦しい状態なのに、お腹に子供たちがいたので、内臓が圧迫されてさらに呼吸を妨げていました。
でも、麻酔をかけて子猫を取り出すことがミントの命を奪うかもしれない・・・
一か八かの大手術となりました。

そして、生まれた4匹の子猫。
こねこね
一番小さいアニスが60グラム。
大きい子でも70グラムという、未熟児でした。

病院に子猫たちを迎えに行ったのは私。
キャリーにホッカイロを敷き詰めて、ほかほかにして・・・
病院についたとき。
ミントは集中治療室に入っていて、とても苦しそうでした。

この時はののちゃんとテレサも入院していて、みんな状態がよくありませんでした。

子猫たちは生まれたときは仮死状態で・・・
先生は助からないと思ったそうです。
看護師さんが必死の蘇生処置を施してくれて、なんとか息を吹き返した4匹。
帰りの車の振動もストレスになって、亡くなってもおかしくない状態だと説明を受けました。

出生直後の子猫の体重の正常は100グラム。
4匹は30~40グラムも足りない体重でした。

そのあとのことはもう、時間の経過も良くわかりません。
夜の当番が続くと、本当に人間として最低レベルの知能と生活力になります。
日付はわからないし、いつでも半分寝ているような状態。
とにかく必死の日々でした。

そして、子猫たちは心配をよそに順調に生育して・・・ほっと一息つけるようになってきました。
もぞもぞ子猫
目もあいて、かわいいさかり。

アニス
ちっちゃいアニスも100グラムも体重が増えました。

オリーブ
オリーブもお肉がついてきて、もうシュナウザーには見えません。

ディル
一番、大きいディルは暴れん坊。


セージの写真はありません。
1月17日の正午ごろ。
呼吸をやめてしまいました。

前日から、ミルクの飲みが悪くなって・・・
あっという間の出来事でした。
もともと、おしっこの色が濃くて、肝臓の状態が悪いのではないかと心配していたのですが・・・

朝には体が冷たくなり始めていて、顎を持ち上げておおきく喘ぐような呼吸をしていました。
子猫がこうした状態になったら、もう助からない・・・
でも、もしかしたら病院の治療を受けたら、劇的に良くなるかもしれない。

そんなふうに思って、車を走らせました。
子猫を取り上げてくれた先生のところまでは、車で1時間ほどかかります。
その途中、信号で止まる度、呼吸をしているのか確認して。

病院について、ほっとしてキャリーの中を見ると、もう呼吸をしていませんでした。
キャリーの中は保温してあったので、体は温かくて、今にも動き出しそうなのに・・・


とても、後悔しました。

助からないなら、ママのところにいさせてあげればよかった。
福井っ子たちは、今まで、みんなで子育てをしていたので、みんな子猫をとてもかわいがってくれる子たちです。
子猫がもう少し、大きくなって、みんなの風邪が良くなったら・・・
ママと一緒にしてあげようって話していたのに。

先生には死亡確認をしていただいただけになりました。
状態をお話したら、未熟な状態で生まれた子たちだから、内臓の不具合が出てきたのかもしれないと言われました。
それと、大きくなって吸う力が強くなって、ミルクを誤嚥したのかもしれないと・・・

後悔しても命は戻らないと、わかっているのに・・・
あがいてしまいます。












ミルク後
今、元気にミルクを飲んでいるアニスとオリーブとディル。
三匹がこのまま、成長できますように。
スポンサーサイト

コメント

残念です…

ずいぶんと子猫らしくなって、これからの成長が楽しみだな~と順調に育ってる感じでしたのに…

前の晩の出来事をねこさま王国のブログで読みました。
セージちゃん、君は人にも猫にもみんなに愛されていたんだよ。
虹の橋には身体は1人だったかもしれないけど、心はたくさんの君を愛する気持ちを持っていけたね。
君の兄弟が元気に過ごせるように、見守ってね。

No title

もっと他に何か出来たのでは・・・ああすればこうすれば・・・と、後悔してしまうお気持ち、少しわかります。
私も大切な子をガンで亡くした時は後悔ばかりして。。。

セージちゃん、ママとの時間は少なかったけど兄弟達とずっと一緒だったし、優しい人達の手に包まれて暖かい毎日を過ごせたと思います。
ちっちゃい可愛い妖精になって、みんなのそばを飛び回っているかも。

アニスちゃん、オリーブちゃん、デイルちゃん。
元気に大きく育ちますように。

悲しいですね。

ねこさま王国のブログを前々日に読んでどの子が亡くなったの?と
思っていたんですがセージちゃんだったんですね。
順調に育っていたので残念で堪りません。
ボンママさんやありこさん、病院の先生、看護師さんたちのおかげで
救われたミントちゃんの仔猫たち、セージちゃんは生きる事が出来なかったけど、アニス、ディル、オリーブちゃんたち3匹が健康に育ってくれること願うばかりです。

ボンママさん、ありこさん、仔猫たちのお世話とミントちゃんたち成猫たちのお世話で大変だと思いますが、お身体に気をつけて栄養のある物をしっかり食べてくださいね。

Re: 残念です…

> 田中さん
ありがとうございます。
元気に育ってくれることを祈っていただけに、私も残念でたまりません。

セージが見守っていてくれるなら、他の子たちは元気に大きくなってくれるかな。
頑張ります。

Re: No title

> 雪月花風さん
いつもありがとうございます。
小さな妖精になって、三匹と一緒にいてくれるかな。

あとからになると、あれもこれも悪かったのじゃないかと、後悔ばかりしてしまいます。
後悔してもその子が戻るわけではないのですが・・・
気持ちのコントロールは難しいですね。

Re: 悲しいですね。

> 黒猫の母さん
いつもありがとうございます。
夜中に授乳の時間があると、つい、何か食べてしまう私とありこさん。
栄養は取りすぎているような気がします。

セージは4匹の中で、一番大きかったのですが、ミルクを飲めないとあっという間に小さくなってしまって・・・長く苦しまなかったことだけが救いです。

お疲れ様、ご苦労様です

セージ君は残念でした。お悔やみ申し上げます。スタッフ皆さん本当にご苦労様です。子猫達が育っていくさま、病気のねこが元気になっていくさまに私も元気いただいてます。
皆さんも苦労と努力がいかほどのものか。大阪から応援してます。

Re: お疲れ様、ご苦労様です

> 相模のビビアンさん
ありがとうございます。
セージに温かいコメントありがとうございます。
日々の猫の様子など、お伝えしたいことはたくさんあるのですが、なかなか更新できません。

のんびり更新ですが、ご覧いただけると嬉しいです。
Secret

プロフィール

ボンママ

Author:ボンママ
ねこだいすき。
なぜか飼っているのは犬。
石とか貝とか植物もすき。
海外ドラマ好き。

※当ブログはリンクフリーです※

お問い合わせは、
inunoossann.
nekodaisuki
@gmail.comまで。

管理人に物申す
猫へのお問い合わせ
もうちょっと知りたいそこんとこ。
などなど・・・
お気軽にどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
南相馬にゃんこはうす

にゃんこはうす
南相馬市にある被災猫シェルターです。 福島県原発被災地の猫のレスキュー、家族さがし、里親募集をしています。 多くの方に支えられて、活動を続けています。

にゃんこはうすで、今必要としているものは、Amazon.JAPANのたすけあおうNIPPON 東日本大震災のページに掲載して頂いております

レスキューの欲しいものリスト

にゃんこはうす保護っこの欲しいものリスト

からご支援いただけます.


お気に入りリンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。