にゃんこはうすに来た子たち

にゃんこはうすに帰ってきて・・・
まる一日たちました。

睡眠不足を解消できて、頭はすっきりしたのですが・・・
日付がよくわからない。
そして、ありこさんに聞いても「わからない」。

ただ、猫たちの状態を安定させるので手一杯でした。

にゃんこはうすの子たちは残ってくれたスタッフとボランティアさんのおかげで、元気はつらつ。

福井から来た子たちもくつろいだ表情を見せるようになってきました。
小さい子猫以外は、全員ウイルス陰性です。
(子猫は体重が増えてからの検査になります)

翡翠
福井にいたとき、一番心配だったちびっこ。
翡翠(ひすい)ちゃん。
両目が膿で固まって、閉じた状態でした。

病院に入院しての集中治療の後、瞼は開きましたが、視力が戻るかどうか?
白濁した瞳が見えるようになるのかどうか?
だれにもわかりませんでした。
子猫だから良くなるかもしれない・・・
そんな一心で、点眼を続けて・・・

当初よりだいぶきれいな目になりました。

みえてるかもね
右目は少しだけ白濁がとれて。
見えてるかもしれません。

最初は何も見えなくて、ご飯を探して一カ所をくるくる回ってしまっていましたが、今はお皿に顔を突っ込んでしまうことはあっても、くるくる回ったりはしません。


ちっちゃ組1
そして、翡翠の妹たち。
ママはだれなのかわかりません。
大きさからみて、同腹の姉妹だと思います。

ちっちゃ組
暫定的にちびっこたちと呼んでいます。
乳飲み子で、福井にいるときにようやく目が開きました。
このくらいの子は3時間おきくらいに授乳が必要ですが、心強いママがいてくれてお任せできてしまっています。

ママ
ママ・テレサ。
どのサイズの子猫も分け隔てなくミルクを与えて、きれいになめてやって・・・
鳴いている声がすれば、飛んでくる子です。

ママ自身もやせっぽちで。
最初は脱水もひどかったのですが、それでも育児をあきらめなかったママ。
本当に優しい子です。

そして、人間のことが大好き。
人の顔をみれば、「私も撫でてください」とお膝によじ登ってくる甘えん坊。
この子がいなかったら、子猫たちは発見されるまで生きていなかったかもしれません。

ありがとう、テレサ。

のの
そして、ママテレサにそっくりの“のの”ちゃん。
画像では分かりませんが、眼球の光り方が蛍光緑のようで、見えているかどうかわかりません。

福井と福島に来てからの様子で判断すると、うっすら見えている程度だと思います。
ぼんやりとは見えるけど、それがなんなのか判別できる視力はないようです。

ママとそっくりで、おそらく姉妹かと思われます。
ミルクは出ないけど、子猫たちを舐めてあげたり、抱いて寝ていたり・・・
猫が好きな子です。

ちゃちゃ
全身茶トラの茶々。
健康そうに見えますが、飢えていて、口の中はひどい口内炎です。
栄養状態が悪いため、口内炎の子が多いのです。

ななし
茶々と同年齢くらいの茶白ちゃん。
顔より体が細い。
やせっぽちの女の子です。
この子もひどい口内炎。

食べる気力はあるのですが、ドライフードは痛くて食べられないみたい。
子猫用のウェットフードを食べています。

まゆちゃん
少し臆病な繭ちゃん。
隙間とか、物陰に隠れようとするので、ケージに入ってもらっています。
攻撃性もなく、撫でたり抱っこしたりに抵抗もしない子ですが、ずっと隠れて暮らしていたのかな?という印象です。
もう少し、にゃんこはうすに慣れて安心できたら表情も変わるかな?

絹
最初に見つかった時、段ボールを破いて逃げてしまっていた子たち。
何匹いたのかわかりませんが、ありこさんの自宅周辺で目撃されたのはサビと茶白。

さびのこの子だけ、捕獲器にかかってくれました。
一週間、外をさまよっていたので、毛もばさばさ。
一層やせてしまっていましたが、今は口内炎と耳ダニによる中耳炎以外には問題がありません。
とっても、人懐こくって、仲間に舐めてもらって落ち着いた後は人のそばを離れません。
両手を広げて、しがみつくように抱っこをねだる甘えん坊。

はやく、中耳炎と口内炎が治るといいね。


福井から、にゃんこはうすにやってきた子は、全員女の子。
人好きで、甘えん坊の子ばかりです。
まだまだ、治療と栄養補給が必要ですが、耳ダニが駆除できたら、家族になってくださる方を募集いたします。
よろしくお見知りおきください。








【私見】

第一報をありこさんから、聞いたとき「ありえない!!」と思いました。
最初の13匹は小さな引出ケースの中にぎゅうぎゅうに詰められていて・・・

13匹というだけでもありえないのに、ありこさんが福井に飛んで帰った日の夜。
さらに9匹を捨てていくという考えられないような出来事が起こりました。

二度目に捨てられたのは成猫ばかり。
中には、未去勢のオス猫も二匹。
一目で高齢とわかるような、とても人に慣れた子もいて。

なんで、こんなひどいことができるのだろう・・・と、目の前が真っ暗になるような思いでした。
ぎゅっとしがみつくように抱きついてくる子たち。

可愛がらずにこんな人懐っこい子が育つわけがありません。

でも、捨てた人はそんな状態を見てもなお、捨てることを決め、実行に移しています。
猫たちをかわいがって、避妊・去勢をせずに増やしてしまった人とは別人なのかもしれません。

想像でしかないのですが、
もともとの飼い主さんが、亡くなるか、病気をされて・・・
残された猫たちに困った親戚が遺棄した。

そんな気がします。

でも、保健所に持ち込まず、ありこさんの家に捨てたこと。
自分の手は汚したくなかったのか、ここなら助けてくれると知っていて捨てたのか?
どう考えても許されるべきではありません。


そして、子猫の成長の度合い、誕生時期と色柄から考えて・・・
(乳飲み子2匹、離乳時期に入る子2匹、離乳完了時期の300g前後の子3匹、離乳済み3匹、もう少し大きい子1匹がいました。同じお母さんが生んだとは考えられないのです。
毛色は茶トラ、キジ白、白黒、サビ、シャムミックス。でも、オスはキジ白と茶トラだけ。シャム系のお母さんかお父さんがいるはず)

もっとたくさんの猫がいたはずです。
その子たちがどうなったのか?
手元に何匹か残したのでしょうか。

また増えて遺棄される・・・
その繰り返しにならないこと、そして、警察の捜査で犯人が見つかることを願ってやみません。
スポンサーサイト

コメント

No title

捨てた人、ありこさんの事を何かの形でご存知だったのなら、捨てるんじゃなくて相談して欲しかったですね。。。
結局は自分の手を汚したくなくて丸投げ・・・また同じことが繰り返されないよう犯人が捕まってほしいです。

猫たち、みんな人懐こいんですね。。。
とんでもない異常な状態で捨てられていて、助け出されて安心して・・・。涙が出てきます><
ありこさん、ボンママさん、にゃんこはうすのみなさん、本当にお疲れ様です。
今我が家には思いがけないところからのお預かり猫ちゃんがいて慌しいのですが、落ち着きましたらまた少しですが遅らせて頂きます。

No title

ぼんままさん、ありこさん、おかえりなさい。
福井での出来事があまりにも酷く、猫たちが不憫でなりません。
多頭飼いで飼っていた猫たちのお世話に行き詰まり、捨てられてしまったのでしょうね。
ありこさんの家に捨てていった人は、明らかにありこさんが保護活動をしている事を知っていますね。
確信犯の仕業ですよ。
もうこのような酷い事をする人が出ませんようにと心から祈ります。

少額ですが、振込みましたので猫たち、犬たちに使ってください。

Re: No title

> 雪月花風さん
いつもありがとうございます。
18歳の猫ちゃん、みんなと仲良くなれるといいですね。
(その前に飼い主さんが我慢できずにおむかえにきてくれそうですが・・・)

今回のようなことは、きっと、本当はあちこちであるのかもしれません。
一カ所に捨てず、あちらこちらの街角に捨てられて、ひっそりと生を終えたり、保健所に収容されたりしているケースは全国であるのかもしれません。

縁があった、この子たち、幸せになってほしいです。

Re: No title

> 黒猫の母さん
いつもありがとうございます。
福井の子たちは、全員不妊手術もワクチンもこれからになりますので、とてもありがたいです。

捨てた人にも事情もあるのでしょうが、許せない出来事です。
一言、相談してくれれば・・・まだ、何とか方法もあったかもしれません。
段ボールから飛び出して、車にひかれて亡くなってしまった子の命も救えたかもしれません。
いまだ、寒空の下をさまよっている子も温かい場所で過ごすことができていたかもしれません。
なんだか、とても悔しいです。
Secret

プロフィール

ボンママ

Author:ボンママ
ねこだいすき。
なぜか飼っているのは犬。
石とか貝とか植物もすき。
海外ドラマ好き。

※当ブログはリンクフリーです※

お問い合わせは、
inunoossann.
nekodaisuki
@gmail.comまで。

管理人に物申す
猫へのお問い合わせ
もうちょっと知りたいそこんとこ。
などなど・・・
お気軽にどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
南相馬にゃんこはうす

にゃんこはうす
南相馬市にある被災猫シェルターです。 福島県原発被災地の猫のレスキュー、家族さがし、里親募集をしています。 多くの方に支えられて、活動を続けています。

にゃんこはうすで、今必要としているものは、Amazon.JAPANのたすけあおうNIPPON 東日本大震災のページに掲載して頂いております

レスキューの欲しいものリスト

にゃんこはうす保護っこの欲しいものリスト

からご支援いただけます.


お気に入りリンク
QRコード
QR