ピノのこと

ぴの
4匹兄弟で保護された茶白の男の子。
兄弟の中で、一番小さくて、一番ガリガリだった。

小さいピノ
彼らは、ある日、とある会社の敷地内に捨てられました。

それまでは、たぶん、お母さん猫と一緒に過ごしていたのでしょう。
おびえて、逃げ惑って・・・
敷地内に散らばっていたそうです。

その場所は、会社の人以外にもたくさんの人が毎日訪れる場所で・・・
みんなが、そこにいる子猫を見たはずです。

残念ながら、会社の管理者の出した結論は、「保健所に連れて行く」というものでした。
何とかならないだろうか?と相談してきたのは事務職員の一人でした。

その日、朝から敷地内にいた子猫たちは、その方が自宅に連れ帰るまでの間、水もフードも口にしていませんでした。
だれも、餌を与えようとは思わなかったのでしょう。

フレアとスバル
こんなにも愛らしい、仲の良い兄弟。
保護されたときは、人を怖がってシャーシャーと小さく威嚇していました。

にゃんこはうすにやってきたのは9月23日。
フロントラインスプレーをして、目やにを拭いて、目薬を付けました。

がりがりにやせた体で・・・
鶏ガラのようだと思いました。

汚れていた鼻
ピノは、何度拭いても鼻の頭が汚れていて・・・
一番小さくて、
ひ弱で・・・
ご飯を食べるのも遅かった。

ピノとフレア
でも少しずつ回復していって・・・

10月1日には、体重も500gを超えて、ワクチン接種もできました。
猫じゃらしにもじゃれて遊ぶようになって・・・
かわいい盛りの4兄妹。

10月7日、兄妹は変なところでウンチをするようになって・・・
少し、下痢もしていました。
それでも、元気で、よく食べて・・・
食欲がなかったのはすばるだけ。
最後の4匹写真
4匹寄り添って寝ていた、この写真が4匹一緒に写っている最後の写真になりました。

翌日から2日間。
私はお休みの予定で。
貯まった睡眠不足を解消するように寝て・・・
洗濯や買い物をして・・・

9日の日、子猫が急変したと聞いたときは信じられませんでした。
しかも、パルボウイルス感染症の可能性が高いと言われて・・・

すぐに思ったのは、ほかの猫に感染しないように対策をしなければ・・・
ということでした。

ありこさんが、子猫たちを病院に連れて行ってくれている間。
私とNさんは、子猫が触れたものを全て、廃棄しました。
下痢をしていたので、床に敷いたコルクマットも。
脱走防止に立ててあった柵も・・・
便が付着した可能性のあるものはすべてです。

そして、子猫たちを入れる酸素室を準備して、ありこさんの帰宅を待ちました。


でも、その時にはもう、ピノの魂は体を離れてしまっていました。
異常に気付いて、病院に行ったけれど間に合わなかった。
小さくて、がりがりの体でした。
硬直して冷たい体を見ても、まだ信じられなかった。

一番小さくて、一番弱かったから、ウイルスに耐える体力がなかったのだと思います。

subaru
そして、キャリーの中でぐったりと横たわっているすばる。
フレアもだるそうな表情。

そこからはもう必死でした。
気になって数時間ごとに様子を見に行って・・・
脱水が進行していたら、補液を追加して・・・
胃腸に負担をかけずに吸収できるブドウ糖を溶かしたお湯を数時間ごとに与えて・・・
それでも、すぐには安心できる状態にはなりませんでした。

ありこさんのブログにもありますが、できる限りの対策と、治療を施しています。
何とか、よくなってくれますように・・・
あと、他にできるのは祈ることくらい。



命が生まれてきたことには意味があると思いたい。

そして、生き残っている兄弟たちの命も。
失われてはいけない大切な命だと思います。

人間の身勝手で、いらないもののように捨てられた子猫たち。
ちびっこたちも・・・
捨てた人は、人通りの多い場所なら、誰かに拾われるだろうと思ったのでしょうが・・・
現実はそうではないことのほうが多い。



どうか、生き延びて・・・
助かってくれますように・・・

震災を経験して、神なんていないと思ったけど。
こんな時、何に祈ればいいのかわからない。

フレアに
すばるに
ビッツに・・・

力を貸してあげてね、ピノ。

そして、あなたの魂が安らかでありますように。
あなたが生きたこと、忘れません。



スポンサーサイト

コメント

言葉になりません…

お久しぶりです。
そしてスタッフの皆様、仔猫達の不眠不休のケア、お疲れ様です。
ありこさんのブログでも施設の現状を拝見しました。可愛かったピノがもうこの世にはいない事、本当に信じられません。
私がそちらでお世話になっていた時にも、やはり乳飲み子達にかかりきりなってしまい、あまり車組の子達には(手がかからない事を理由にして)かまってあげられなかった事を今になって悔やんでいます。後悔先に立たず、って本当ですね。
乳飲み子達、そして残された車組の仔猫達がウィルスなんかに負けないよう、私も祈っています。
スタッフの皆様も今が一番の正念場かと思いますが、疲れや無気力は思いもよらぬ事故を引き寄せます。
くれぐれも体調の管理は怠らぬよう、ご自愛くださいませ。

No title

子猫たち、頑張れ!頑張れ!
パルボに詳しくはないのですが、乗り越えると強力な免疫が出来、この病気に感染することはなくなると聞いた覚えが。。。
ピノくんは妖精になったけど、きっとみんなを見守ってくれているはず。
どうか頑張って、フレアちゃん、すばるくん、ビッツくん。
スタッフの方々の必死の努力が、思いが、どうかどうか。。。。

No title

お疲れのところに追い討ちをかけるこの試練。
神様はいないかもしれませんが、虹の橋のむこうに行った仲間たちは、きっとにゃんこはうすを応援してくれているはずです。
そしてピノくんも。
どうか小さな兄妹たちが皆様の思いに応えられますように。踏ん張ってくれますように。

何もできませんが、連休明けたら振り込みさせていただきます。
お薬の足しにしてください。

No title

こんなに頑張っているのに、なぜ?
やりきれない思いです。
私が泣いてどうする。
ピノくんはにゃんこはうすに来て、短かったけれど心安らかな日を過ごせてよかったね。
何も知らずにちょうどタオルを送ったばかりだったのが、かえって心苦しいです。いろんなものが必要でしょう。まずは送金させていただきます。

胸が詰まります・・・

皆さんの努力に、ピノちゃんの死に、いろんな情報に胸が詰まります。
20日にはピノちゃんやフレアちゃんやまっしー君のお母さんになる予定でした。
今まで飼っていた二匹が天寿をまっとうし、お星様になってしまい、柴犬も家族も寂しすぎる毎日を過ごしていました。子も幼い孫もいるにもかかわらず、猫ちゃんは、ある意味、私の母親でした。
誰にも言えない仕事の愚痴やストレスや悩みを黙って聞いていました。
ピノちゃんも、そうなる予定だった。
でも、神様がピノちゃんを必要で召されました。
ピノちゃん!神様の元で今度こそ健やかに過ごして下さい。おばちゃんは、ずっと祈っています。
あとの兄弟の無事もみんなで祈っています。
ハウスの皆様の努力には、本当に頭が下がります。無力な私ですみません。お身体に気をつけて下さい。
物資を早めに送らせていただきます。

涙が・・・・

ボンママさん、ピノくんは短い期間だったけどにゃんこはうすに保護されて幸せだったと思います。
にゃんこはうすに来なければ4匹とも殺処分されていたかもしれません。
今も必死で生きようとバルボウィルスと戦っているすばるとフレア、ビッツの3兄弟が一日でも早く元気になることを心より祈っています。

ボンママさん、ありこさん、にゃんこはうすのスタッフの皆様、3兄弟の治療とほかの猫たちのお世話も大変ですが、無理をせずお身体をご自愛してくださいね。

ピノくん、とても小さかったけど、いちばん最初に飼い主さんが見つかると思っていたんだよ、それなのに虹の橋に旅立つなんて・・・・
ピノくん安らかに眠ってね。

Re: 言葉になりません…

>ボランティアIさん
うれしいお話の後で、こんなことになってしまって・・・
びっくりされたでしょう。
もう、毎日が不眠不休で・・・脳みその活動が限界です。

今日は、Iさんが心配だから来ちゃいました!とにゃんこはうすの前にいる夢を見ました。
ちび子猫たちも、車っこたちも、今のところ元気です。
このまま、発症しませんように・・・

Re: No title

> 雪月花風さん
ご心配をおかけして、申し訳ありません。
スタッフ一同、この時ばかりは一致団結して頑張っています。
なんとか、このまま良い結果になりますように。

強力な免疫がついてくれると安心です。
今のところは便の状態も良くて、元気です。
見守っていてください。

Re: No title

> みゆさん
いつもありがとうございます。
本当に・・・あと一息でちびっこのミルクも終わり、夜ぐっすり眠れると思ったら・・・こんなことに。
だれが悪いわけでもないので、できることをみんなで頑張っていきたいと思います。
こんなウイルスを一発で治してくれるお薬が開発されるといいのに。。。

Re: No title

> YYさん
ありがとうございます。
いただいたタオルは早速、子猫たちに使用させていただきます。
ウイルスの飛散を防ぐため、毎回使い捨てになってしまうのが心苦しいですが、タオル類は大変ありがたいです。
ピノのためにも、頑張ります。

Re: 胸が詰まります・・・

> 須藤さん
お待たせする結果になってしまってすみません。
私も、うちのおっさん犬にいろいろ相談しています。
疲れたときは、背中に顔をうずめて癒されています。

子猫たち、ピノの分も頑張っています。
ピノはきっと、軽くなった体で、兄弟たちの周りにいるのではないかなと思っています。

Re: 涙が・・・・

> 黒猫の母さん
いつもありがとうございます。
皆さんに悼んでいただいて、ピノは幸せ者です。
でも、できることなら、最初の戻ってやり直したい気持ちでいっぱいです。
もっと、気を付けて、もっと体力がついてからワクチンをしていたらよかったのかな?と後悔する気持ちもあります。
人間でも、動物でも、助かる命とそうでない命があることは理解しているつもりですが、無念です。
生き残ったビッツたち、3頭はピノの分も大きな幸せが待っていると思います。
見守っていてください。
Secret

プロフィール

ボンママ

Author:ボンママ
ねこだいすき。
なぜか飼っているのは犬。
石とか貝とか植物もすき。
海外ドラマ好き。

※当ブログはリンクフリーです※

お問い合わせは、
inunoossann.
nekodaisuki
@gmail.comまで。

管理人に物申す
猫へのお問い合わせ
もうちょっと知りたいそこんとこ。
などなど・・・
お気軽にどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
南相馬にゃんこはうす

にゃんこはうす
南相馬市にある被災猫シェルターです。 福島県原発被災地の猫のレスキュー、家族さがし、里親募集をしています。 多くの方に支えられて、活動を続けています。

にゃんこはうすで、今必要としているものは、Amazon.JAPANのたすけあおうNIPPON 東日本大震災のページに掲載して頂いております

レスキューの欲しいものリスト

にゃんこはうす保護っこの欲しいものリスト

からご支援いただけます.


お気に入りリンク
QRコード
QR