スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日曜日

ありこさんと給餌に行ってきました。
朝から、まぶしい日差しと暖かいというより、暑い気温。
絶好の天気にめぐまれて・・・

道を間違えたり、懐かしい場所を訪れたりしながらの給餌となりました。

そんな中、とあるゴミ集積所でゴミ袋を見つめる猫と出会いました。
ゴミを見つめるシャム
なにか食べられるものがないか、探しに来たのでしょう。
小柄なシャムネコ。
女の子でしょうか。

住民が捨てたゴミの中にはおいしいにおいのするものもあって、最近猫がこの黒い袋の周りにいることがあるのだそうです。

シャム子ちゃん
なにか、食べるもの持ってない?
問いかけるようにも見える瞳。

人を知っているのでしょう。
こちらをみつめる瞳に恐怖の色はありません。
でも、近付くと、逃げ出してしまいました。

捕獲器をかけてみたけど、入ったのは別の子でした。

見かけた子と次にいつ会えるか分からない。
時間がもっとあったらいいのに・・・
中で過ごす時間はとっても短い。

歩いてきました
別の給餌場所に車を止めると、茶トラの子が歩いてきました。
頬がふっくらした、未去勢の男の子っぽい顔。

とことこと、こちらに向かっているところを車と出会って立ち止まりました。

茶トラ君
尻尾は短いぼんこ尻尾(ボブテイル)
若そうに見えます。
座ってこちらを見ていたので、思い切って車から降りると・・・
あっという間に走って行ってしまいました。

ここは避難指示解除準備区域という名前に区域編成された場所。
地元住民でも理解することが難しい区域再編。
再編されて、住民が立ち入ることができるようになっても、住めるわけではありません。

震災前、おっさん犬とよく散歩に行ったマリンパーク浪江。
ありこさんと行ってみました。
住民も多く立ち寄るようになったその場所は、海から100メートルくらいの場所。

二階建ての建物と、パークゴルフ場だった場所は、すっかり変わってしまった。
何もない瓦礫の集められた空き地と、建物。
屋上にあったプラネタリウムは津波の被害で落ちたまま。
建物の中は驚くほどにきれいに残っていました。
カーテンでさえも、きれいなままで。
水が入り込んで壊れた玄関や、内部に侵入した水の痕がなければ何もなかったみたい・・・
(画像はありこさんのブログで)

でも、震災直後からなに一つ変わっていません。

私の自宅は津波の被害はなかったけれど、今ではネズミのフンだらけ。
天井裏には何か獣が住み着いていて・・・

立ち入れることはうれしい。
でも、悲しい。
時間の経過をつげる建物や庭、畑の荒れ具合が・・・胸に突き刺さるような無力感を呼び起こします。

この状況を伝えることは難しく感じます。



でも、この場所でずっと頑張っている命があること。
決して忘れることはできません。

スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

ボンママ

Author:ボンママ
ねこだいすき。
なぜか飼っているのは犬。
石とか貝とか植物もすき。
海外ドラマ好き。

※当ブログはリンクフリーです※

お問い合わせは、
inunoossann.
nekodaisuki
@gmail.comまで。

管理人に物申す
猫へのお問い合わせ
もうちょっと知りたいそこんとこ。
などなど・・・
お気軽にどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
南相馬にゃんこはうす

にゃんこはうす
南相馬市にある被災猫シェルターです。 福島県原発被災地の猫のレスキュー、家族さがし、里親募集をしています。 多くの方に支えられて、活動を続けています。

にゃんこはうすで、今必要としているものは、Amazon.JAPANのたすけあおうNIPPON 東日本大震災のページに掲載して頂いております

レスキューの欲しいものリスト

にゃんこはうす保護っこの欲しいものリスト

からご支援いただけます.


お気に入りリンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。