fc2ブログ

5月10・11日給餌

5月10日・11日は給餌に行ってきました。
私は、前回と同じ浪江町と小高。

白い花
庭の花が今年もきれいに咲いていました。
住む人がいなくなっても、花はきれいに咲いてくれています。

5月11日は震災から三年と二か月の日でした。
津波の被害が大きかった請戸地区では、機動隊と住民による遺体捜索が行われていました。
いくつかの骨が見つかりましたが、それがだれなのかは長い時間をかけて検査をしなければわかりません。
津波の爪痕


浪江町の行方不明者はあと33人。
三年が過ぎても、毎月11日には捜索が続けられています。
人にとっても長い長い三年。
まだ見つからない家族を探す人には、あまりにも長い時間。


猫たちにとっても三年は長く・・・
人が住まなくなった町でどのように暮らしているのか・・・

姿を見ることができなくても、給餌場所にしかけたモーションカメラにはいつも猫の姿が映ります。
野生動物の姿も。


今回の給餌では猫を保護することができませんでした。
でも、姿を見かけた子もいます。
白い猫
この子は、給餌場所から出て立ち去って行くところでした。

白い猫2
こちらを振り返った顔は個性的な柄。
人間を知っている子だと思います。

白い猫3
お腹が大きいようにも見えます。


給餌をするとき、野生動物の被害がないよう、猫だけが食べることができるように・・・
毎回、工夫を凝らしています。

でも、お腹が大きい猫は高いところや狭いところには入ることができないかもしれない。

そして、べつの給餌場所では、たぬきの姿をみかけました。
たぬき
疥癬で、全身がぼろぼろのタヌキです。
ひどいかゆみを伴う疥癬。



たぬきの見つめる先
みつめる先にあるのは私たちの給餌場所。

高いところに移した餌はタヌキの口には入りません。
ここまで疥癬が悪化してしまうと、たぬきは衰弱していく一方です。

でも、私にできることは何もありません。

この餌場に仕掛けたモーションカメラには、うろうろするこのタヌキと、キジ白の大きな猫、フードを掬い取って食べるアライグマの姿が映っていました。



(続きは、ちょっと思うこと)



続きを読む

スポンサーサイト



プロフィール

ボンママ

Author:ボンママ
ねこだいすき。
なぜか飼っているのは犬。
石とか貝とか植物もすき。
海外ドラマ好き。

※当ブログはリンクフリーです※

お問い合わせは、
inunoossann.
nekodaisuki
@gmail.comまで。

管理人に物申す
猫へのお問い合わせ
もうちょっと知りたいそこんとこ。
などなど・・・
お気軽にどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
南相馬にゃんこはうす

にゃんこはうす
南相馬市にある被災猫シェルターです。 福島県原発被災地の猫のレスキュー、家族さがし、里親募集をしています。 多くの方に支えられて、活動を続けています。

にゃんこはうすで、今必要としているものは、Amazon.JAPANのたすけあおうNIPPON 東日本大震災のページに掲載して頂いております

レスキューの欲しいものリスト

にゃんこはうす保護っこの欲しいものリスト

からご支援いただけます.


お気に入りリンク
QRコード
QR